ご当地ナンバープレート

みなさん、法改正で自動車のナンバープレートに「図柄入り」が導入されたことを知っていますか?

私は先日たまたま車を買い替えた際に、今だと2020年の東京オリンピックバージョンが選べると聞き、ミーハーですが普通のナンバープレートではなくそちらのタイプにしました(*^_^*)

20170821005932

 

 

 

 

軽自動車だけど、黄色なんばーじゃなくて白いナンバーになるんです!

一瞬、普通自動車なの?!って思っちゃいますよね(~o~)

ラグビーW杯のものがあったり、寄付金のあり、なしで図柄が違ったり、少しお金はかかりますがなかなかオシャレでおもしろいな~と☆

 

mig

 

 

 

 

 

 『走る広告塔』としてのナンバープレートの機能に着目し、地域振興・観光振興に貢献すべく、平成30年10月頃より、地域の魅力ある風景や観光資源を図柄にしたプレートの交付を開始されるそうです。

皆さんも自分の地域にどんな図柄のナンバープレートがあるか、見てみて下さいね。

全国のいろんな地域のものを調べてみるのも面白いですよヽ(^o^)丿

96958A9E93819695E1E29AE1878DE1E2E2E7E0E2E3E59191E2E2E2E2-DSXZZO0270721024052016000001-PN1-4 plate_20121225115742000000 plate_20130301115130000000

 

 

 

 

 

 

ちなみに原付バイクも今は色々なナンバープレートになっているんですね~!

調べてみてびっくり☆

アニメ好きにはたまりませんね♡♡♡

yuo_lupin_02

国立西洋美術館にて

ジュゼッペ・アルチンボルト展を見てきました。

アルチンボルトは16世紀末に、ハプスブルク家の宮廷画家として活躍した

イタリア人で、花、野菜、魚、動物を思いがけない発想で人物画を描いた人として

有名です。

下の4点は、四季を青年から老人までを表現しています。

どこから、このような考えが浮かぶのかと発想の意外さが楽しめたひとときでした。

 

DSC_0995

あDSC_0995h

 

 

 

人の顔ですが、よく見ると

ばら、しゃくやくなど50種の花たちで

描かれています。

 

夏は  野菜で

DSC_0997

DSC_0997

秋は  ブドウと樽で

DSC_0998

DSC_0998

冬は  枯れ葉や根っこで

DSC_0999

DSC_0999

 

 

涼しげに

エミパークガーデンで、ひときわ存在感のある花

DSC_0986

アガパンサスです。

花言葉は「知的な装い」

淡青紫色の涼しげで繊細な花姿から名つけられました。

↑ ページトップに戻る