ブルードメアサイアー

こんにちは

 

工事部 目迫です(^・^)

 

 

遺伝の話です

 

競走馬としてレースに出ている馬は

サラブレッドと言う種類で品種改良を重ねに重ねてできた種です

その後も競走馬として良い成績を残す為に

優秀な種牡馬と優秀な繁殖牝馬を掛け合わせ受胎させます

そしてできた優秀な子はレースで活躍し

さらに優秀な遺伝子を次の世代に受け継がれる

競馬=ブラッドスポーツと呼ばれるところです

 

重要視されるのは種牡馬や繁殖牝馬だけではなく

その前、より前の世代までさかのぼり血統配合を考えているそうです

 

 

今、巷で話題になっているのが

ブルードメアサイアーと呼ばれる所で

(人間で言うとお母さんの父親。つまり母方のおじいさんです)

 注目を浴びているのが

父:ステイゴールド×母父メジロマックイーン

黄金配合と呼ばれ相性が良いらしく

その子供は現在G1級の活躍しております

 

しかし母父メジロマックイーンは90年代初頭に活躍した馬で

既に死亡しており母父メジロマックイーンが少ないそうです

なのでその価値は人気が出る一方です

 

 

 

ちなみに全然関係ありませんが

私の母父は酒豪です(^・^)

そして私の父はそれを上回るかなりの酒豪です(^・^)

ですが私はたいしてお酒強くありません(-_-;)

 

以上 遺伝の秋でした(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ ページトップに戻る