悲願達成ならず

こんにちは

工事部 目迫です

 

 

先日、フランスで凱旋門賞という世界最高峰のレースが行われました

 

今まで幾度日本の有能な競走馬が挑戦しても

欧州の競走馬に歯が立たなかったレース。

昨年はゴール手間で差し切られ日本馬初勝利にはなりませんでした

 

なので今度こそはという気持ちで当日を待ちわびておりました

 

 

今年は日本から2頭の競争馬が出走いたしました

 

1頭は

現在、日本最強馬と言われ日本競馬の歴史の中でわずか7頭しかいない

3歳時クラッシク3冠を獲りながら

レース中暴走したり騎手を振り落とすほどの問題児 

そして昨年の同レース2着馬  ‘オルフェーヴル‘

 

もう1頭は

本年度東京優駿馬である ‘キズナ‘

馬主さんが当時復興間も無い頃行われた

これも世界最高峰といわれるレースであるドバイワールドカップを

トランセンドという馬で2着に入線させて

その馬の調教師、厩務員の団結力に感銘を受け

その年生まれた自身の所有する1番強い子馬にキズナと名づけたそうです

 

レース前人気も

1番人気にオルフェーブル

3番人気にキズナ

 

と今年は限りなく勝てるんではないかという強い思いで期待しておりました

下手したら日本馬の1,2もあるんじゃないかと思うくらいでした

もっと掘り下げると今年の凱旋門賞に挑戦する2頭には

各陣営いろんな思いがありドラマがあるので違う意味でも

楽しめるレースであったのです

 

 

 

 

そして待ちに待った発走!!

 

 

 

 

約2分30秒後・・・・・

 

 

 

 

 

 

結果はヤフーで検索してみてください・・・・

 

 

 

無念。

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ ページトップに戻る